完成写真
さあ このギターが似合っちゃう
 かっこいい貴方!
 待ってます

ネックは5Aメイプルを黒檀で
 挟んだラインを2本入れた
 9Pマホガニー
 ヘッド部だけ耳貼りで17P
製材してくれた友人に感謝!
 素晴らしい材料です

ネックのヒールはセンターを
 6弦側にずらしてハイフレット
 へのアクセスを容易にしました
強度優先で違和感ない程度の
 アレンジが得意です
その割りに色が派手?
 過去 友人に
「君は派手で謙虚な人間」
 といわれました
...それはいい
として
 ベッドルーム練習用に裏面
 並列アウトプット(2wayです)
丸い穴はジムダンロップ
 ロックピンの受け金具

ペグはスタインバーガーの
 コブなしバンジョーペグと悩んだ
 結果 いつもどおりGOTOH製に
ゴトーの方とお話してみると
 とても 真剣な方ばかり
3大メーカー全てで純正採用
 国産万歳!群馬万歳!
まじめすぎるつくり
 ただ僕が気に入るものばかり
 短期間で廃番に...

残念

ハカランダ指板
プレイヤーが主役のギター
 なのでディテール過多は
 見た目に五月蝿くなる
指板ポジションインレイなし
 埋め込みのライン
0.7mm5Aコアをインレイ
指板端面を切り落としてコアを
 挟み際接着すると
 強度が落ちるので溝を彫り
 埋めました
1弦側 最終フレット付近は
 ほとんど見えない程度の
 スキャロップ

ボディ側面に見える穴は
 トラスロッド調整口

ネックは定番のレッドブラウン
 シースルー

FV 親しい木材の専門家から
 思いがけずワンピースボディを
 譲って頂けたので2台作りました
ポイントは
 ヘッド折れ防止のためトラスロッド
 調整口はボディ側に
ピックアップや電装のホールを
 タイトに仕上げる
肋骨に当たる上面のエッジ部分を
 なだらかにする
ストラップピンの位置を変更
 両手を離しても体の前にあること

LPタイプは素材が高価な為
 あまり製作の機会がありません
シミひとつないメイプルトップ
 中南米産マホガニー1ピースバック
柾目のハカランダ指板
角度付き木取りのマホガニーネック
 全部そろえると
木材だけで米国製が買えます
 しかも復刻レプリカパーツも高い...

完成写真

ミントグリーンのピックガード
 ガンメタとの相性が
 ブリティッシュカー的高級感
5点レバースイッチ位置が
 外周側にずらしてある

バックコンターライン
 機械がなく手加工なので
 きっちり面が(無駄に?)
 出てます
 

ピックアップはフロント ミドルが
 70’sフェンダー
リアはDimazio Evo2

ハムバッカーSTは
 リアピックアップの位置が重要
LPタイプのオクターブポイントで
 設置するとシンクロトレモロに
 近接してブリッジ周りの
 強度が落ち音質が変化する
ベースプレートやザグリを工夫し
 ブリッジよりに設置するのが
 お勧めです

英国車的なガンメタリックボディ
 ペグはゴトー このタイプの
 黒メッキは黒が薄く
一見クロームに見えるので
 綺麗なギターに似合います
アルダーボディ ハカランダ指板
 柾目5Aメイプルネック

ブラスの6連ブリッジがもう少し
 薄いものがあるといいんだけど
過去 ステンでブリッジの
 ベースプレートを試作したときは
 なかなか気に入りました
またいつか作ろう

この仕事を始めた頃に作った
 軽い1ピースのアッシュテレ

完成写真
自信作です
オーナー様と個人的に親しい
 間柄になってすでに10年
演奏は勿論 人柄まで
 理解できるようになってくると
 ネック形状や設計は勿論
 全ての面でモチベーションを
 高めることができます
多くのことを学ばせて頂きました

左の写真が現物に近い色合い
 ラメやメタリックなどの
 フレーク(金属粉)は
定番の自動車用塗料ではなく
 ネイルアートなどで使用する
 ものを使っています

 

ネックの削りだし
精度を上げるには時間を
 かけてゆっくり仕上げると
 木材の変形を修正し易いです

3fからヘッド方向にネック厚が
 膨らむと強度的に安心ですが
 Fコードのバレーフォームなどで
 ネック裏の親指移動の際
 引っかかったりしますし
ブラインドタッチが難しくなると
 思います
スケールを当てて1f裏から
 エンドまでスムーズにまっすぐ
 加工してます

ピックガード 製作
各ノブの位置を決めるため
 オーナー様とボール紙で
 打ち合わせ

全景 ペグはゴトーSGS510Z
 ヘッド上面のワッシャーが
 大きいのが気に入らず
 この後ステンレスワッシャーを
 加工し薄くて小さい物に変更
クルーソンタイプのブッシュに近い
 ルックスに落ち着きました
シャフトももう少し細ければいいな

このペグでチューニングずれを
 抑えるには弦をロック後
 増し締めするとばっちりです



ローラーナット 取り付けに
 ひと工夫
ここは高さもシビアなので要注意
 

VolumeとToneのノブの文字を
 ボディカラーにあわせた
 パープルのラメに
プッシュ プル用ノブの操作性を
 高める為 ス
カートのエッジを
 丸めローレットに溝を追加

スイッチは4回路5接点

ダンカン創業期のピックアップ
 seymourizer sh-7(フロント)
 現在は廃番
 4芯仕様でコイルタップの
 シングルサウンドも魅力

 The JB sh-4 (リア)
最近プロトタイプJBとして
 限定で再発されてました
これはそれのオリジナル 
 暑苦しい?音でアンプ直結に
 向いてる
シャーシ裏に刻印はなしで
 赤スタンプシール
 80年より前のものだと思う