アコースティックギター
サドル
 ●サドル加工によって弦高を調整する場合  2,000円
  (サドルがすでに低く適正な高さに設定できる余地がない場合
   サドル交換がお勧めです サドル下部にブリッジと同じ木材でかさ上げすることも出来ます)
  ○ブリッジ厚整形 サドル周辺の上部のみ +4,000円
  ○ブリッジ全体整形 オリジナル形状を保ったままブリッジ全体を薄くする場合 +10,000円
   経年変化によるボディトップ板のへこみや設計ミスなど サドルを適正な高さに調整する際
   ブリッジ上面を削りサドルの頂点を適正に露出させる必要があります
   その際 ブリッジピン周辺の弦溝 すり鉢形状のピン穴の加工もいたします
   ○サドル溝加工 ブリッジ厚の整形をする際 10,000円
   (あまり例はありませんがサドル溝が浅くなりすぎる場合はさらにサドル溝の加工が必要になります)
 ●サドルを交換する場合(材料代込み) 牛骨3,000円 象牙6,000円
   特殊形状のサドルや幅80mm以上のロングサドル場合
     牛骨+2,000円 象牙+3,000円 必要になります

ピックガード
アコースティックギターピックガード製作
 一般的なティアドロップ形状の場合
 (面積が極端に大きい場合は若干費用が変わります)
 きちんとサウンドホールまわりのロゼット外周に合わせ
 断面の角を落として仕上げます
●黒 べっ甲柄各種 3,500円
●リアルタイプべっ甲柄 5,000円

ハードウェア交換
 ペグ交換
 ボルトオンで交換できるもの 1,500円
 クルーソンタイプのはとめを外す必要がある場合 3,000円
 クルーソンタイプからロトマチックタイプ(直径8mm→10mm)6,000円
 ロトマチックタイプからクルーソンタイプ(直径10mm→8mm)
  一度穴を埋めてから再度8mmの穴加工をします 10,000円
 (穴径10mmのままクルーソンを使用できるハトメもございます 2,000円程度)
 シュパーゼル ロック式ペグ +3,000円
クルーソンタイプやロトマチックタイプの形状に関してはGHOSTNOTEをご参照ください